本文へジャンプ

きらきら星 美濃加茂市心身障害児者親の会

私たちは、自分の子供に障害・病気があるとわかった時、近くに同じ立場の親さんがいたら、いろいろ教えてもらいたい、相談したいと思いました。 子供が就学して、初めて子供の将来を考える余裕が出来た時、

(それまでは病気・病院・療養の繰り返しでアットいう間でした。この子は治るの、私がいなかったらどうなるのと思うと、居てもたってもいられない毎日でした。)

一人で悩んで手をこまねいていても何も始まらない、親として子供の将来が安心出来る様、できうる限りの事をやっていこう、障害児者を持った親同士協力していこうと思いました。

私たち『美濃加茂市心身障害児者親の会 きらきら星』は、将来、心身障害を持った子供たちが、住み慣れた地域で多くの人々と交わり知り合い、生き甲斐のある生活を送れるように願うものです。その為には、子供たちが自宅から通所できる作業所や、作業の困難である子供でも、日常生活がおくれる場所、親の病気・冠婚葬祭の時などにショートステーが出来、親亡き後、入所出来る総合施設(グループホームを含む)の設置が望ましいと考えています。又、心身障害児者を持つ親さんの心の支えになる会でありたいという思いで活動をしています。

夢をかなえるために、現在は定例会・施設見学・親子交流会・作業所、授産所でのボランティア・資金作りのためのアルミ缶回収、フリーマーケットヘの参加・音楽療法などの活動をしています。また、私たちの活動が市民の皆様に理解して頂けるために、もっと見える形での活動を展開しなければならないことを痛感しています。

私たちの力は、微々たるものでありますが、子供の幸せ・自立を願って力一杯活動を続けて行きたいと思います。

【 きらきら星 名称由来 】

夜空にキラキラ輝く星は、昼間はみえません。私たちの子供も、多くの健常者の中での存在はとても小さなものですが、個性豊かに頑張っています。星は、大小さまざま、光の強さもいろいろ、まるで私たちの子供のようです。

そして、人は夜空の星を見て癒されるように、私たちの子供は、多くの人の心に大切なものを呼びかけてくれます。障害を持っていても、多くの方々に支えて頂きながら、キラキラ輝いて生きていけるようにという思いで名付けました。

【 連絡先 】

美濃加茂市心身障害児者親の会 きらきら星(代表)岩本
E-mail連絡先 info01@npo-work.com障がい者(児)農 NPO法人ナイスデイ